三浦大介の隠し湯

当館の裏の山裾の路傍に井戸が御座います。
その昔岩山の突端より落ち、甲羅を割った亀が湧き出る霊泉に体をつけその体を癒したことから此処に亀番屋が建てられたと云われ、現在でもこの地は亀割と呼ばれています。
 また当館は衣笠城址の麓にあり、衣笠城址はその名の如く、かつて三浦半島一の豪族であった三浦氏が城を建設した地であります。
そして源頼朝の旗上に尽力を尽くし三浦半島の発展に大きく貢献した三浦大介も、この霊泉が疲労や病弱に良いと聞き武者達の湯治場を造ったと云われています。


アルカリ性の自然湧水

 当館のお風呂は自然湧水のアルカリ性水を沸かしたものでございます。温泉処の多い神奈川にあってもこのアルカリ性自然湧水は大変珍しく、貴重なものであると、専門家の方からも評価いただいています。
 自然豊かな三浦半島も宅地開発の波により、コンクリート化が進められていますが、その中にあってオアシスのような存在であり皆様を潤し続けることができれば幸いです。


    

割烹 衣笠温泉旅館
神奈川県横須賀市衣笠町21−20
TEL046−851−1526


トップ ご挨拶 予約・営業案内   アクセス 横須賀・三浦観光案内